第二種電気工事士試験に申し込んだ

どうしようか悩んだけど、電工二種の試験に申し込みをした。
そして申し込んでから1秒後に後悔した。
1万円弱の試験に申し込んで合格しなかったら地獄だぞ…。

参考書を買って満足する人はいるかも知れないが、俺は申し込んだだけで満足だ。
逃げずに申し込みをした自分を褒めてあげたい!
俺も成長したものだよ。

これから電工二種の勉強をするわけだけど、名前を書けば合格できるレベルの底辺高校(偏差値40くらい)が電工二種を取れるのか?
その前に勉強のやり方すらロクに知らない。

ガチで電気に関して知識は電流と抵抗をかけると電圧が求められるってことだけだ。

とりあえず勉強はやってみる!
ただし、試験を受けるかどうかは分からない!

偏差値40おじさんの挑戦!

乞うご期待!




ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    実技試験もあるから道具代で3万くらい追加で飛びますよ

  2. 匿名 より:

    実は計算問題はできなくてもなんとかなる
    教科書の前半はブラフで、ガテン系の内容をちゃんと覚えれば大丈夫

  3. 匿名 より:

    筆記は問題集やってたらどうにかなりますよ
    ほとんど過去問から出ますので。
    実技も練習すれば受かるかと思います。とか言いながら自分は一度落ちて二度目で通りました…

  4. 匿名 より:

    試験頑張ってください!応援してます!

  5. 匿名 より:

    高校の時電気科だったから取らされたけど
    筆記はそんなに問題ないけど実技が時間が足りなくて落ちてる人もけっこういたよ
    工具が結構大事だよ
    ケーブルを簡単にむき出しにできるものもあるから速さに自身がなかったら
    買ったほうがいいよ
    少し高かったと思うけど
    もう15年も前だから色々変わってるかもしれんけど
    実技講習とかあるなら受けたほうがいいよ

  6. 匿名 より:

    実技の時は手が震えました。

    何とか受かりましたけど、、、
    その後、一人親方をやっているときがあって、経験論から言いますと、電気屋さんは現場で何でも屋さんになる必要があり、作業の範囲は広いですよ。

    よく使った技能は高所作業車、移動式クレーン、玉掛、アーク・ガス溶接、酸素欠乏です。

    工程は、基礎の根切りから竣工まで、スラブ上で配管や墨だし、アンカー、相番、一次側引き込みからキュービクル配線、幹線から各要所の分電盤、スイッチや機器、発電所周りだとガイシ清掃、変圧器メンテ、制御番設置、アースや地絡試験、メガ測定、高圧試験、埋設や暗渠、電柱作業、他いろいろ・・・・

    私は電気の弱電工事から通信技術者になり、ネットワーク周りを経て、システム全体の基盤サービスを設計構築運用するスタックエンジニアしていますけど、ホワイトカラーのほうが環境、休日、給与、人間関係、安全面など良好です。

    現場でのメリットは体を動かすことと、声を出せること、ごはんが美味しいことですよ。

  7. 匿名 より:

    この試験は実技で金がかかるよ。
    工具で3万くらいかかる(試験用の工具を買わなければならない。圧着ペンチで刻印が出るように。ホーザンのストリッパーなど)
    練習キッド(配線、スイッチなど)が最低1万はかかる。
    学科は簡単だけどね

  8. 匿名 より:

    私も数年前に電工とってから仕事面で良くなりました。
    学科は過去問の答えを覚えるくらいに繰り返せば大丈夫です。(キモは解くと言うより問題と答えを覚える事)
    これができてれば計算問題は捨てて大丈夫です。鉛筆転がしで第一種まで取れました。

    実技は学科の結果が来てから準備しても十分に間に合います。
    その際に工具と練習キットにお金が掛かります。三周も練習すれば時間に余裕を持てるくらいに手が早くなります。

    全体的お金が掛かる試験ですが、その後に十分に元が取れる資格なので頑張って下さい。

  9. 匿名 より:

    営業の兄ちゃんが「電工2種?1か月もあれば取れますよ」って言ってたんだが、
    そんなもんなのか?