キル夫と飲んできた

朝、キル夫から連絡が来て部屋を契約するために東京に来ると言っていた。
キル夫の用事が終わった夕方からファミレスで待ち合わせして晩飯食って、居酒屋で飲んだ。
8時頃にお開きになって、キル夫は帰った。
俺も家に帰ろうかと思ったけど、せっかく都心まで来たので1人で飲みに行こうと思ってバーみたいなところを探したんだけど、人が多すぎてやめた。
何だか帰るのも面倒になったので、漫画喫茶に入った。
駅前の漫画喫茶は混んでてたけど、すこし離れたらすんなり入店できた。
この記事も漫画喫茶から書いている。

キル夫は3月の最後の週に引越してきて、4月から勤務開始となる。
住む部屋は都心に近くて、相場よりは少し安い部屋らしい。



どうやらキル夫は今の仕事を辞める時に苦労をしたらしい。
これはブログに書こう…いや書かねば!と思い、詳しく聞いてみた。

案の定、最初は『急に言うな』とか『社会じゃ通用しない』と頭から全否定された。
挙句の果てに『聞かなかったことにしてやる』とまで言われたらしい。
この一言で、キル夫は完全に頭に来て『意地でも辞めてやる!』って思ったらしい。

それでも辞めることを言っていたら、今度は泣き落としできた。
『君が辞めると大変だから考え直してくれ』とか『仕事できるのにもったいない』とか下手にでて引き止めを受けたらしい。

結局、キル夫が押し切って退職が認められたらしいけど、まだまだ色々あったらしい。
次はこの辺このとを詳しく聞いて、面白かったらブログに書こうと思う。

さて、今からビール飲みながら漫画を読みまくって眠くなったらシャワー浴びて寝よう。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    よくある

  2. 匿名 より:

    会社に拒否権ないのに何ほざいてんだろなw

  3. より:

    これよくあるよね
    辞めるって言ったら君は将来部署を引っ張る人間だから今辞めるのは勿体無いとか次の人事で急に役職と給与が上がったりすごく分かりやすいw

  4. 匿名 より:

    キル夫の仕事何個目だよ

  5. りゆふ より:

    底辺で働いてるのってそもそも社会で通用してないからなのに、そんな奴が「社会で通用しない」とか言って説教するのって滑稽だよね
    にちゃんとかまとめブログのコメ欄、あと知恵袋系でもあるけど、思うに自分の人生経験の無さを想像で補ってるから(しかもソースはネットとか)こんなおかしな奴がのさばるんだと思う
    キル夫は辞めて正解 次のところで定着すると良いと思う

  6. 匿名 より:

    とりあえず仕事続けばいいけどなぁ

  7. 匿名 より:

    「人手が不足しているから辞めさせない」
    「後任が出来るまで辞めさせない」
    退職時に企業側がよく口にするけど
    労働者にあるのは、辞める2週間前にその旨を伝える義務だけだよ。
    労働者にありもしない義務をあると錯覚させて上手く搾取しているだけさ。
    労働者はキチンと自らの権利を学ばないとね。
    今はネット社会なんだから調べるのは簡単だよ。
    過去、無知な労働者を騙して上手くいった例を散々持ち出して
    これが「常識」「普通」とほざいても法律が変わった訳じゃないんだ。

  8. 匿名 より:

    社会で通用しないのに仕事が出来るとか
    矛盾しまくりで草
    全てが社会の一つなのに

  9. 匿名 より:

    ほんと言ってること滅茶苦茶だなw
    ひきとめるぐらいなら最初から相応の扱いしとけって話w