俺に向いてる仕事をした

昨日他の班の班長と大喧嘩したであろう、ウチの班長だけど何事も無く出社して、いつも通り怒鳴り散らしていた。
多分、班長は何を言っても、何を言われても、何が起こっても一切変わらない人なんだろう。
無敵の人だろ、この班長は…。

そして、今日は幸運な1日だった。
近年稀に見る素晴らしい日だった。

出社すると総務部の人がいて、やってほしい仕事があるからと、俺を含む3人が呼ばれた。
こういう場合は経験上ほぼロクでもない仕事を任される。
嫌だなぁ…と、思っていたら会議室に案内された。
会議室の机の上にはダンボールが積まれていて、中には↓みたいな金具が大量に入っていた。



そして、「今日はこの金具のシールを剥がしてください」と言われた。

え?マジで?これって俺が求めていた単純作業?
待ち焦がれ、恋焦がれ、涙を流して求め続けた単純作業?

こんなに大量のL字金具を何に使うのか?
しかしそんなことはどうでもいい。
ひたすらシール剥がしに没頭した。

午後3時くらいにはシール剥がしが終わり、後は掃除とか整理とかして定時まで過ごした。
やっぱり俺は単純作業が好きだわ。
楽しかった!いや、楽しくは無いが苦ではなかった。

こういう仕事ならずっと続けたいわ。
最低賃金でいいから。

そして明日から夏休み!
一応実家には帰るけど、日帰りだな。




ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    なんかあったからそうなった?

  2. 匿名 より:

    楽しそう?で何より
    人には向き不向きがあるけど、自分には不向きかな
    適度に忙しくて単調過ぎない楽な仕事なんて贅沢なものはそうないだろうなあ

  3. 匿名 より:

    さすが単純作業向いてるね。マーシーと違って

  4. 匿名 より:

    大型連休に恵まれて

  5. 匿名 より:

    単純作業だけで生涯やってられる所なんてない。たまたま単純作業をさせられて喜んでいるだけ。

  6. 匿名 より:

    今月でその職場も辞めるんだったよね。おめでとうさん。