昔を思い出して現実から逃げる37歳の夜

ああ、明日から仕事が始まる。
行きたくない、ずっと寝ていたい…。
こういうときは、辛かったこと(職場)を思い出して今はマシだと言い聞かせる。

眠くなるまで嫌だったこととか、記憶に残ったこととか、思ったことをつらつらと書きます。

工場はロッカーを見れば善し悪しがわかる!

『良い会社はトイレが綺麗』って聞くけど、俺はロッカーだと思う。
まずダメな職場はロッカーが汚い。
汚いだけならまだしも、ロッカーの扉がボコボコになっていたりする。

そもそも派遣はロッカーが使えない!

これ、マジで何回かあったわ。
ロッカーが使えず、貴重品(財布と携帯電話)だけ預けるパターン。
つくづく日雇い派遣は扱いが悪いと思ったよ。



そして、この話しにはさらに悲惨なオチがある。

貴重品を預けた人が昼飯食いに行ってて、俺が昼飯を買えない!

貴重品は金庫に入ってるっぽいんだけど、その金庫はあの人じゃないと開けられない(開けちゃいけない)とか言われた記憶がある。
これ、マジだぜ。いい加減すぎるだろ!

結局、昼飯を食わずに午後に仕事をしたよ。
貴重品は預けても、小銭と千円札くらいは持っておいたほうが良い。

外国人労働者から注意されるけど、何を言っているのかイマイチ分からない。

日雇い派遣で食品の容器を仕分ける工場に行ったときだけど、ブラジル人?のベテランさんから怒られた。
肝心な所が早口で何を言ってるかさっぱりわからない。
さらに時々、明らかに日本じゃない言葉(スペイン語?ポルトガル語?)が混じってるからもうさっぱりだった。
とりあえず見よう見まねで仕事した記憶がある。

と、ブログを書いていたらもう日付が変わるな。
おやすみなさい。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    少なくとも今の職場はそんな理不尽無いんだししがみついていこう

  2. みっきー より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もブログ楽しみにしています。

  3. 匿名 より:

    そもそもロッカーの数が足りない事も多いからしょうがない
    繁忙期基準にロッカー設置してもスペースの無駄だし

  4. 匿名 より:

    携帯はともかく財布は常に持っておくタイプだからまあ別に

  5. 匿名 より:

    明日が嫌でも日付が変わる前には就寝モードだから素晴らしい

  6. 匿名 より:

    トイレとロッカーが汚いとこはガチですね
    あと詰所も

  7. い兄 より:

    自分も仕事始めです。
    1日行ったら休みなので、リハビリだと思って頑張りましょう!

    ところで今年は禁煙を目標にしているのですが、やる夫さんは何歳から何歳まで喫煙していました?
    あと、出来れば成功した禁煙法とか教えて欲しいです。

  8. 匿名 より:

    やる夫さんは結構すぐ次の仕事が決まっているようですが、職務経歴書はどのように書いていますか?(項目など)参考までに教えてほしいです。

  9. 匿名 より:

    今頃新年会か。まなぶ夫はどんな行動をとったのか楽しみだ。

  10. 匿名 より:

    事務や営業のオフィスだとロッカーすらないからね。部屋の隅に傘立てとハンガーがあってコートや傘はそこに置く。
    私物は自席。かばんは椅子の横か机の中に入れる。
    やる夫の職場は個人ロッカーあるのかな。

  11. 匿名 より:

    底辺工場の総務で働いたことがあるんだけど
    ぶっちゃけロッカーなんていくらでも売ってるんだよね
    デザインとかこだわらなきゃそこらへんの街道沿いのリサイクルショップで中古品が軒下に山積みになってる
    その一万円とか二万円を払わない時点でヤバいってのが俺の経験則だわ

    あとロッカーが凹んでるとか論外
    キレた社員が蹴り上げるのが日常だって事だから

  12. 匿名 より:

    貴重品を預かってくれる派遣先があるなんて知らなかった。
    食品工場で私物を現場持ち込み禁止(金属探知機で発見される)・ロッカーは鍵無しで最悪だった。

  13. 匿名 より:

    >ぶっちゃけロッカーなんていくらでも売ってるんだよね
    >デザインとかこだわらなきゃそこらへんの街道沿いのリサイクルショップで中古品が軒下に山積みになってる

    ロッカーの数より設置する場所の問題だと思うけど
    だいたい同じ規格のロッカーじゃないと積めないし、耐震やら何やら考えるとその辺に置いておけばいいってもんじゃないよ