高校卒業の時その3 就職試験結果!

指定された日時にバス会社へ行った。
俺の他に5人くらいいて、全員女性だったと記憶している。
会議室みたいなところで作文を書かされた。
その後、1対1の面接だったんだけど、この面接がとにかくいい加減だった。



結構ガチで作文書いたんだけど、面接で『ああ、○○高校ね…』みたいな感じで、高校名で不合格が決まったようだった。

会社側も求人票を高校に出した手前、面接をしないわけにはいかないんだろう。
とりあえず形だけの面接をして終了した。

当時高校生の俺でも不合格ってわかったよ。

数日後、実家にお祈り手紙が届いたよ。
これって個人に届くものなの?
学校に届くものだと思っていたよ。

不合格の結果を先生に報告した。

就職試験の内容を渡されたプリントに書いて提出して終わりだった。
ただ、俺は不合格だったのがちょっとだけ悔しくてその後も2社受けた。
もちろん、2社とも不合格になり、就職を諦めた。

そして卒業の時が来て、俺はフリーターになった。。。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    普通科高校に入学した時点で就職は不利だよな
    やる夫は工業高校行けばよかったのに

  2. 匿名 より:

    あとは、医療系の専門でも行って、理学療法士か柔道整復師にでもなればよかったな

  3. まさや3 より:

    就職先勧めた奴が、ところでどこ受けたんだっけ?って把握してないのかよムカつくなあ
    適当さに。

  4. 私はとん より:

    やっぱ作文お上手だったんですね!
    字も綺麗なのね。
    先生がまともなら簡単に就職決まってたでしょうに……
    やる夫少年に同情します。

  5. 匿名 より:

    進学校ではない普通科高校っていらんよな…