高校野球と父上との思い出

今日も昼過ぎからビールを飲んだし、今も飲んでいる。
いい感じに酔っ払っている。

今日は実家に帰って父上のお墓参りに行ってきた。
兄上夫婦は昨日のうちにお墓参りを済ませて、今日から旅行に行っているので母上と水入らずの時間を過ごしたよ。

お墓には父上の親戚とか何十人のお骨が入っている。
全員の名前と享年が刻まれているんだけど、戦死した人が多いんだなぁ。
戒名が南洋院…って人がいて、享年30歳で伍長って書いてあった。
母上が言うには、南方に行く途中の輸送船が沈んで戦死したらしい。
(父上の家系なので母上もあんまり詳しくない)

中には大佐って人もいた。
戦死して大佐ってことは、少佐で2階級特進したのかな?
そんな偉い人がいたのか…。
戦死だからお骨は入ってないだろう。
髪の毛とか爪とかが入ってるのかな?

父上の兄弟の子供(俺のいとこ)は優秀な人が多い。
俺の兄上も優秀だし。
ご先祖様、ご安心ください。
俺以外は優秀な人ばかりです。
安らかに眠ってください。

実家に戻ってきてからは母上の手料理をつまみにビールを飲みながら高校野球を見ていた。
高校野球にも父上との思い出がある。

俺が小学生の頃、夏休みは勉強漬けだった。
学校の宿題(夏休みの友)だけでなく、母上が買ってきた問題集をやらされていた。
間違えてばっかりで全然先に進まない。
それを見た母上は悲しそうな顔をする。
それが嫌で嫌でたまらなかった。

ある日、本当に嫌なって泣きながら勉強したくないと母上に直訴した。
困った母上は父上に相談した。

父上は『無理強いさせるのは良くない』と言って、理解を示してくれた。
そして父上がお盆休みのときは、ほぼ毎日一緒に高校野球を見た。
不器用な父上は、高校野球を一緒見るとうことで、団欒の時間を作ろうと思ったんだろう。

ただ、当時の俺は野球の面白さが分からなかった。
それでも勉強するよりマシだったし、父上に気を使って『面白い!』とか『スゴイ!』とか言っていたのを覚えている。
俺が高校野球の話しをすると、父上が嬉しそうにしていた。

夏が来て高校野球の季節になると父上を思い出す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. セイントフォー より:

    泣ける

  2. とん より:

    良いお父様とお母様ですね。
    ちょっと ウルッときました…

  3. (⊙ω⊙) より:

    良い話ですね(´•̥ ω •̥` *)

  4. 匿名 より:

    いやなら潰れてしまう前に逃げればいいと教えてくれてたのかもね
    理解しない親ならそれでも無理やりやらせてつぶしてしまう

    • よとかせ より:

      結果的にはそうかもしれないから
      ここのやる夫にとっては良い案配だったのかもしれないね

  5. 匿名 より:

    荒木大輔フィーバーは懐かしいな。息子が彼の同級生だったからか大変だったみたいですよ

  6. 匿名 より:

    泣けた。戦死した人々や理解のある父上のためにも、やる夫さん、本当に好きなことをのびのびとやり切ってお墓に入れるといいですね。

  7. 匿名 より:

    甘やかした結果が今のこれか…w

    • 通りすがりの人 より:

      折角「感動した」みたいなコメントが続いていたのに、思いっきり流れをぶった切るなw
      少しは空気を読めw

      まぁ無理強いしてウツor引きこもりになるよりかは、今の方が数倍マシじゃない?
      なんだかんだ一人暮らしして働いているし。
      それ考えるといい両親だと思うよ。

    • 匿名 より:

      それが後の人生に多大なる影響をおよぼすとはこのとき誰も知る由もなかった

  8. 名無し より:

    夏だし怖い話or不思議な話お願い!

  9. 匿名 より:

    どうなんだろうな。
    無理強いすることで精神病んでた可能性もあるし、根性ついてそっから頑張って
    今よりまともな人間になってたかもしれないし、こればっかりはわからないな。

    • 匿名 より:

      まあでもおかげで逃げ癖ついちゃったから
      一度は我慢してきちんと乗り越えて実績出さないと自信がつかないわな

  10. 匿名 より:

    そうか。
    父親が決断した瞬間「すべてのことに我慢が効かない堕落人生」に転換したってことか。。。

  11. 志賀貴一@群馬で一番有名な痛車乗り より:

    けど小学生で勉強できなくても生きていけるって思ってたんなら相当のクズだよな

  12. 匿名 より:

    勉強できなくても生きていける・・・
    俺も子供のころ思ってた

    結果、全く勉強も努力もしないままオジサンになり人生詰んでるけど普通に生きてるよ。

  13. nekokuti より:

    台湾とルソン島の間のバシー海峡だけで25万人が水死した。
    鈍足の老朽船や戦時標準船に詰め込まれ、暗号解読して米潜水艦が配置された南方で雷撃されれば数分で沈没する。あれほど無益な戦死はないな。

  14. 匿名 より:

    勉強嫌いなことはべつにいいけど、それを補うくらいの特技や長所がない人間は結局人生苦労するんだよね

    • 匿名 より:

      どこかで頑張らんと差が広がって後々どんどん辛くなるからな

  15. 匿名 より:

    ちゃんとお墓参りして思い出したり供養する気持ち大事だよね…

  16. 匿名 より:

    ここのコメント見てると辛辣というか厳しい意見多いよなぁ

    • 匿名 より:

      資本主義競争社会ですから。
      命を取らない戦国時代のようなものだ。

  17. 匿名 より:

    長文&流れをぶった切るけどゴメンナサイ。
     本文中に宿題(夏休みの友)って言葉が出てきたので、それについて苦い思い出というか、ちょろっと述べてみます。

     儂のところでは「夏の友」という冊子で、国算理社の問題と、最後の2ページが作文という構成でした。もちろん儂も夏休みの宿題が大嫌いで、あの冊子を夏の悪魔だと思っていました。
    (夏の友だけでも毎日苦痛なのに読書感想文とか計算ドリル・漢字ドリル、自由研究とかもあって、こんなのvacationなんかじゃねーぜ、ただの拷問だぜ>_<;)
     その「夏の友」ですが、毎年毎年、わけわからん問題がいくつか入っているもので、2学期が始まっても正解が示されず、そのままになっています。
     ほとんど忘れてしまいましたが、記憶に残っているのが2つ。小2と小6(小1、小5だったかな?)のときの問題です。
     いずれも国語で、

     前者は
    ——————–
    「『リュ』で始まる単語を1つ書け」という問題。
     ・・・・こんなの、当然「リュックサック」に決まってるだろ!と思った次の瞬間、問題文の末尾に「(例)リュックサック」と既に印刷されており、「ちょ・・ちょっと待て、これ、つまりそれ以外で探せってこと?」・・・しばらく考えて、「無いねんけど・・・・(・_・;)」結局空白のまま。
    ——————–

     もう1つは
    ——————–
     「『ぢ』のつく単語を2つ挙げよ。 (例)はなぢ、ちぢれ」
    ・・・・やはり問題文末尾の(例)のせいで、「これ以外に思い付かへんねんけど・・」これも空白のまま提出。
    ——————–

     当時、授業で答え合わせもされず、誰もそのことについて関心が無い様子で、質問もしなかった。
     今となっては確かめようもないですが、あれって正解は何だったのだろう?
    (今だったらリュージュとか書けばいいのかな? でも、もう1つのほうは・・・わかりませ~ん、全く無いこともないけど言うのを憚る、嗚呼^^)

    • 匿名 より:

      俺も長文書くことあるが、これはないわ。
      初めて読むのを諦めた。

    • 匿名 より:

      長過ぎて一行も読む気がせん

      よっぽど暇人なんだな!

    • 匿名 より:

      コレは俺も同じような思いをした事がある

      結局は学習とか何も関係なくて
      辞書を引いて「り」から始まる言葉を適当に書くのが正解なんだよな
      でもその方法については一切書かれて無くて、教師に教えられても無くて方法を知ってた奴だけ得をするシステム

      作文とか絵とかもだけど結局大人の喜びそうなものを用意する方法を知ってたものだけ評価されるシステムなんだよな
      とどのつまりは親兄弟がノウハウを持ってる者だけ高評価される仕組みでそうでない奴はドカタでもやっとけみたいな

      • 匿名 より:

        自分で方法を探したり思いつけるのが頭良い子って奴じゃないの?

  18. 匿名 より:

    少佐ってことは陸軍士官学校か海軍兵学校出かな
    普通にエリートじゃねえですか

  19. 匿名 より:

    去年父親を亡くした者です。
    墓って親戚も入れるの?
    長男の兄弟で分家は新たに墓を立てて入っているよ。
    長男の配偶者と子供は入れるけど。それを代々承継してくんじゃ?
    うちは檀家だし、金が無かったから戒名はそんなに文字入れなかったし。
    3文字くらい。それでも20万包んだよ。
    院なんて、100万くらい包まないと。

    何十人も入る墓なんてあるのか?
    入れても5,6人だぞw墓は高いぞw
    何百万って取られるし、維持費用も大変。

    • 匿名 より:

      宗派だけでも色々あるしその地域や家系
      お寺の考え方も色々あるだろうし
      一概にはおかしいとは言えないんじゃない

      自分が知ってることか全て正しい訳じゃないよ

  20. 匿名 より:

    ウチは親戚の墓を1つにまとめて合計30人くらい骨が入ってる。