生活保護のことで父上が激怒した思い出

実家からアパートに帰ってきた。
やっぱり実家はいいね。
ゆっくりできた。

10年以上昔のことを思い出したので書く。

いい年してニートやフリーターの人は、生活保護をもらうことを考えたことがあると思う。
俺はスロプロを引退してバイトをバックレしまくっていた。
ある時、バイトもせずに家でダラダラしていた。
ちなみにスロプロ時代の貯金から家に金入れていたので、それほどキツくは言われなかった。

家に金入れたけど、いい年した大人がバイトしたと思ったらすぐに辞めて(バックレて)ダラダラしてるのは親としては看過できない。

最初の頃は「今からでも正社員になれる仕事あるんじゃない?」とか言われていた。
そして最後は「とにかくバイトでもいいから働いたら?」になった。
ある時、俺は「生活保護でも申請しようかな」って何気なく言ったんだよね。
もちろん本当に生活保護を申請する気もないし、申請したところで許可されるわけない。



そしたら母上の顔色が変わって、大声で父上を呼んだ。
俺は何気なく「生活保護」って言ったんだけど、予想に反して大事になってしまったと後悔した。父上は温厚だけど、怒るときはマジで怒る人だ。
これはマズイ…。

すぐに父上が飛んできて、マジのガチで怒鳴られた。
父上に怒鳴られて半泣きになる20代後半の無職息子…。
これ以上情けない姿があるだろうか。

父上にたっぷりとお説教を頂いた。
未だに覚えているよ。

働ける人間が生活保護を申請するなんて言語道断であり、税金を何だと思っているのか。役所をナメるのも大概にしろ。(ウチの親戚はお堅い職業が多い)
親族には扶養の義務があので、生活保護を申請することは親族が扶養できないと思われる。お前が勝手に申請すれば親族に迷惑がかかる。ふざけるな。
とにかく何でもいいから働け。

こんな感じだったよ。

そして父上は死の直前まで、俺に頑張って働くように言ってくれた。
もう正社員の道はほぼ諦めたけど、働ける以上は働こうと思っている。




ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    おかえりなさい。
    親父さんは軽々しく言うな!って言いたかったんだろうけど、
    餓死や路上死なんて切ない最期のために生きてるんじゃないんだよ。
    国民の義務を全うしている中で困ったなら全く恥じゃない。
    頼って立て直せばいい。

  2. 匿名 より:

    お父さんは寡黙な方だという印象でしたが、しっかり信念のある方だったんですね。
    お亡くなりになる際にもやる夫さんの事を気にかけていましたし、本当に良い父親だったんですね

  3. 匿名 より:

    いい父親だと思うぞ
    本当にどうでもいいと思われてるなら、とっくに家から勘当されるなり何も言ってこない
    側から見れば有難い両親だ

  4. 匿名 より:

    自治体にもよるけど親族が生きてる内は保護も厳しいかもね
    あとは共産党に泣きつくか

  5. 匿名 より:

    ヤるおよ。
    人間いつでも人生を終わりに出来る。
    そう思えば何でもやれるし、何も怖くない‼️
    天国の父より

  6. 匿名 より:

    いい親父さんじゃないですか

  7. 匿名 より:

    ダメブログばっかり見てると感覚がおかしくなるけど、お父さんが言ってることが普通なんだよね。
    良い家庭で育ちましたね。

  8. 匿名 より:

    父親は正論、俺も20代後半で失業した時タクシーでもやろうかなって
    軽く言っただけで猛反対された。
    今となっては何故反対したか分かる様になったよ。

  9. 匿名 より:

    実家へ行くのに多分日帰りって言ってたから東京近県ですか。
    実家近くで仕事を探さないのか?

  10. ナサニエル より:

    やる夫さんの父上はどういう亡くなり方したんだろ。
    やる夫さんの年齢から逆算すると、せいぜい60-65歳ぐらいだろうからな。
    年取ってきて人の亡くなり方が凄い気になるようになったわ。