実録!底辺高校の実態 その2

意外と好評な底辺高校シリーズ。
今回は卒業後の進路について覚えていることを書きます。

底辺高校の進路は約6割が就職(フリーター含む)、約3割が専門学校に進学、残り1割が大学進学だった。
大学進学希望者のクラスがあって、そこは割と真面目な生徒が集まっていた。
ほぼ全員が本命高校に落ちて滑り止めで入学した生徒だと思う。
ただ、滑り止めとは言え底辺高校を受けるくらいだから一般的に見て学力は低かったと思う。

同じクラスのDQNがセンター試験について言ったことが忘れられない。

センター試験は全部マークすれば、どれか正解になり得点が取れると思っていた!

天才かよ!



冒頭に書いた進路のことだけど、約3割の生徒が専門学校に進学するんだよね。
自分の好きな分野の勉強をしたいって生徒もいたけど、ほとんどは「働きたくないし、無職にもなりたくない」って感じだったと思う。

当時、DQNに人気があった専門学校は美容師の専門学校だった。
俺と同じ世代の人なら知ってるともうけど、世間では「カリスマ美容師」っていう言葉が流行していた。
流されやすいDQN生徒たちは「美容師かっけー」ってなって願書を書いて金を払えば入学できる美容師の専門学校に入学した。

恐らく誰一人として卒業して美容師として仕事をしている人はいないと思うけど。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    2択以上塗れば0点になることを知らないとは
    次は大学進学希望の生徒はどうなるか気になりますね!

  2. 匿名 より:

    東京の学校でもそんなところがあるんですね

  3. 匿名 より:

    ホントは障害者の学校じゃないの?

  4. 匿名 より:

    昔は不良がかっこいいと勘違いした悪い時代だったんだな。
    不良が好きかってに我が物顔でのさばってた。
    テレビでも不良の番組やアニメがあって教室でタバコ吸ったりする場面などで視聴率を稼いでた悪い時代だったね。

    • 拷問倶楽部 より:

      雑誌でも週刊少年マ●ジンなんか凄かったからな。不良モノのオンパレードだったし。
      今となってはとってもマイルドになったけどあまり特徴のない雑誌となってしまった。

  5. ため息おじさん より:

    主様の世代って大学って、狭い門でしたか?
    (自分は年齢45で、当時受験時大東亜帝国でも倍率2~3倍以上でしたので確認です。)

    まあ、センターは勿論国家資格や公立試験は一次がマークなのは勿論ですね。
    (ただ、2次試験をどうやって乗り切るのかが謎です。。)