宗教の家庭の子が同じクラスにいた

小学校3・4年の時、同じクラスにA君という子がいた。
サラサラの髪で、目がくりっとした中性的な感じだった。
A君は休み時間も友達と話さず、ぼっちだった。(俺もぼっちだった)

ある日、俺が持っていたドラゴンボールの定規を見て、『格好いいよね、ドラゴンボールの定規』とボソッと話しかけてきた。
俺の記憶だと、A君と最初に話したのはこのときだった。





その後、ドラゴンボールのキャラクターは誰が好き?とか話しかけたけど、A君はあんまりドラゴンボールに詳しくないようで、話しは盛り上がらなかった。

でも、ドラゴンボールには興味があったようだったので『あげるよ』と言ってみたけど、『そういのはダメなんだ』というような事を言われて断られた。

ただ、それがきっかけでA君とはマンガやアニメの話しをするようになった。
半年後くらいには、学校にジャンプをこっそり持ってきてA君に渡すようになった。
ただA君は家には持って帰らず、休み時間にこっそりと読んで返してくれた。

ある日、母上にA君の事を話したら、遠まわしにA君の家について教えてもらった。
A君の家のことは父兄の間では有名らしく、ある宗教の家だった。
そういえば、A君は体育のサッカーとかリレーとか競うスポーツは全部見学だった。
当時は、そんな家庭もあるんだなぁ…ってくらいにしか思わなかった。

A君とは5年生のクラス分けの時に違うクラスになり、疎遠になった。
ただ、5・6年生のときには不登校になったという噂を聞いた。
中学校へ進学するときに引っ越してしまったので、A君と二度と会うことはなかった。

なんでこんな事を書いたかというと、日曜日に漫画喫茶で『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』というマンガを読んでA君を思い出したからだ。

A君がどうなかったかは知らないが、自分の意思で好きな人生を歩んでいて欲しい。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    エホバの証人か

    • 匿名 より:

      マイケル·ジャクソンの母親もそうらしいね
      子供のマイケルを連れて勧誘に行ってたとか。
      マイケルにとってはその時だけ「普通の家庭」を見ることができるので
      好きだったらしいが。

  2. 匿名 より:

    単純な疑問なんだが何で定規いっぱいあるんだ?
    お菓子の付属についてたんかな

  3. 匿名 より:

    いいから、働いてるもしくは転職の記事かけよ!

  4. 匿名 より:

    オ○ムか?

  5. 匿名 より:

    ここのブログって広告とか入ってるけどワードプレスの何のプラン使ってるの?
    ネタなかったら教えてください

  6. 匿名 より:

    律儀な子だな

  7. 匿名 より:

    エイリやんかと思った

  8. 匿名 より:

    やる夫いい子やんw

  9. 匿名 より:

    仕事以外のネタだとあからさまにコメントが少ないw

  10. まさや3 より:

    宇宙人、リトルグレイであろう

    と思われる

  11. だお影 より:

    小学校の頃の親友と成人式に再開して大学どこいってるか聞いたら、創価大学で絶句したことがありますw

    • 匿名 より:

      創価の法学部は他大学とくらべて安いって聞いたことある