不思議な体験4 死期を知った祖父

俺が中学生の時に父方の祖父が亡くなった。
陽気で優しいおじいちゃんだった。

祖父は自分の長男家族と同居していた。
ある夏の日、祖父の長男家族が用事で数日出かけることになったため、俺の父上が祖父の家(父上からすれば実家)に泊まることになった。
祖父はボケてはいなかったので1人で留守番しても良かったらしいが、心臓の病気をしたので万が一に備えて父上が一緒にいた。

*ここからは父上の話しを元に書きます。

夜のニュースで戦後50週年?の番組をやっていた。
そこで東条英機の顔写真がテレビに写った。



祖父は軍隊にいたが、ずっと国内で事務仕事をしていたらしい。
(祖父は軍隊時代の話しをすることを極端に嫌った)
特別に高い階級ではないので、東条英機と会話したことすら無いと思う。

たまたまテレビに写った東条英機を見て、やたら饒舌になった。
自室から古いアルバムを引っ張り出してきて、父上に色々と説明を始めた。

父上は呆気に取られていた。
軍隊時代の話しは一切しなかった祖父がアルバムを見せて、感情豊かに話し掛けてくる。
父上は祖父がボケたのかと心配した。

この時の事を父上ははっきりと覚えていて、通夜でこう言った。

「親父は急に我に返って、寂しそうに『懐かしい奴らがたまに来るんだ』って言ったんだ」

この一週間後に祖父は熱を出し、入院した。
医者からは体力的には大丈夫と言われたが、祖父は弱気だった。
何度も『延命はするな』と家族に言っていた。

熱は下がらず、肺炎を併発し約2ヶ月後に帰らぬ人となった。
家族に看取られ、笑うような死に顔だったと父上は言っていた。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まさや3 より:

    多分、会いに来ないと思うに3,000点

  2. だお影 より:

    だおは自らの死期を悟って青猫師匠に先制攻撃を仕掛けたんだお!w

  3. しずお より:

    フォークリフトに跳ねられて瀕死のやる夫さんの死に際に底辺ズが再結集する感動のエンドだよ

  4. 匿名 より:

    来るとして、誰がくるんだよ。
    底辺ズか、それとも渡り歩いた職場の同僚達か?

  5. 匿名 より:

    社会的な死は近づいてると思ってる。

  6. 匿名 より:

    40歳を前にして孤独死だけは避けてくれよな!

  7. 匿名 より:

    底辺ズ
    営業事務時代のギャル夫さん、先輩、ダディさん、バッタ夫さん、ノリさん

    意外とたくさん来てくれそうだが、まず大前提として長生きしないと迎えに行くほうになるぞ

  8. いさもみ より:

    Do夫「オッスオッス」

  9. 匿名 より:

    春麗、のび太、所長、バーロ夫…
    何故かどうでもいい奴らが迎えに来る!

  10. 匿名 より:

    わからない
    否定もできない
    死後の世界

    • 匿名 より:

      死後の世界かどうか知らんが
      幽霊はいるぞ。
      俺は小学生の頃、真夜中に祖母の夢をみて、目が覚めたことがある。
      その直後に、居間の電話が鳴り始めた。
      電話を取った母はまっすぐ俺の寝る子ども部屋にきて祖母の死を告げた。
      興味本位で心霊スポットに行く奴等は、霊など信じていないんだろ。
      信じていたら絶対近づかないぞ。

  11. 匿名 より:

    オッサンになってから学生時代のような気の置けない友達作ろうと思っても難しいからキル夫みたいな友人は財産だと思うよ
    友達付き合いを続けてるかどうかで孤独感もずいぶんと変わってくるだろう

  12. 匿名 より:

    俺の爺さんは乗っていた97式戦闘機の写真を額縁に入れて飾っていた。
    終戦時は連隊の司令官だったが戦争の事は中々聞き辛く、あまり話すことなく逝ってしまった。
    あの戦争で生き残った人は大なり小なり後ろ暗い気持ちはあっただろう。

  13. 匿名 より:

    97式戦闘機はゼロ戦より前の機種で
    太平洋戦争ではほとんど使ってないと思うぞ
    相当長生きしたんだな

  14. 匿名 より:

    私の父方の祖父は終戦時25歳だった。戦争で敵の命を奪ったことはないが、昭和20年末に日本に身一つで帰る前の四ヶ月で多くの命を奪ったそうだ。また、嫁の祖父はソ連軍占領下の樺太の捕虜収容所からシベリアに送られる前に集団脱走し、船を奪い熊石沖で沈没した。親と我々の命があるのは、厳しい時代に善悪はともあれ生き延びてくれたおかげだ。