キル夫は大変なようです

キル夫に会ってきた。
結果から言うと、別にマルチ商法とか金貸してくれという危ない話じゃなかった。

最後に連絡をしてから約3年~4年が経っていた。
直接会う10年ぶり?かな…。

キル夫は痩せた。
ところどころ白髪も混じっていた。
今年で36歳になるんだから、当然といえば当然か。

たしか…当時メールで職場に仲の良い女性がいると言っていたような気がする。
どうやらその人と付き合って子どもが出来て結婚したようだ。

キル夫の話しを要約するとこんな感じ。

  • 母親が亡くなり、父の地元へ引っ越した
  • 父親の紹介で就職
  • 職場の人と付き合いだす
  • その人とできちゃった結婚
  • 意見のすれ違いや義実家との折り合いが悪くて別居
  • 半年前に離婚成立
  • 実の父親と対立し、4月からこっちに引越してきた
  • 今は派遣会社に就職(正社員)して、大手企業の子会社に派遣されてる
  • 養育費は月4万円
  • 今の職場は派遣をコキ使うので大変
  • 給料は残業代込みで手取り21万円くらいの予定
  • ボーナス、退職金なし

俺がフラフラと生きている間、キル夫は濃い人生を歩んできたんだな…。
ファミレスで2時間位話して、LINEを交換して帰ってきた。
近いうちにまた会おうって約束した。

それにしても、底辺ズから結婚、出産、離婚を経験する人間がいるとは思わなんだ。
まぁ、でも底辺ズの中じゃキル夫が一番まとも(顔も含めて)だと思う。

ちなみに、do夫の事も聞いたけどキル夫も知らないみたいだった。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. より:

    やっぱり俺の言った通り離婚だったな
    しかし、子供もいるとは予想外だったわ

  2. 名無し より:

    キル夫、ずいぶん苦労してますね。やる夫さんと同じようなキャラかと思ってたので意外です。
    素人童貞と子持ち離婚養育費・・・見事に対称的な組み合わせで、考えさせられますね。

  3. まさや3 より:

    時間て平等だけど残酷だな

  4. づほちゃん提督 より:

    やっぱ職場に女性が居ないとただでさえ少ないチャンスすらないってことだな・・・

  5. 匿名 より:

    というか・・・中高と一緒だった仲なのに結婚したことを教えないって・・・・。
    つまり、キル夫にとって、やる夫はその程度の仲だったということだろ?
    俺がやる夫だったら、自分が軽視されたことにキレて、キル夫とはもう付き合わんな。
    大体、今回、キル夫が接触してきたのも家族を失い寂しくなり、それを埋めようと、
    今までおざなりにしていたやる夫で都合よく代替しようと思ったんじゃないの?
    かなり侮辱されてない?

  6. 言わずにはおれない より:

    ↑のコメントだけど、やる夫の学生時代の記事は読んだ?

    『俺達は、本当の仲良しグループじゃ無かったんだと思う。
    カーストの最下層同士だから、何となく集まっていた。』

    って、書いてるんだよね。
    親密な仲なら結婚の報告はあって当然だけど、そこまで仲良しじゃなかったんだよ。
    地元に帰ってきたからメシ食おうって感じでしょ?
    学生時代の記事を全部読んでれば、侮辱されたとは読み取れないけどね。

  7.    より:

    疎遠になった友人にも結婚の報告する理由って
    結婚式の参加人数をどうにかしたいぐらいしか思い浮かばないな~

    デキ婚でお金もなさそうだし、キル夫は結婚式もあげてなさそう
    やる夫さんがまともに働いてないことを知っていれば
    結婚した、子供出来たからご祝儀よろしくと言わんばかりの報告なんてしないと思う

    僕も侮辱なんてされてないと思いますね
    学生時代一緒になんとなくつるんでた間柄としては丁度いい距離感だと思います。

  8. 匿名 より:

    正社員とは名ばかり。給料残業代込で手取り21万のボーナス&退職金なしってまぢか

  9. 匿名 より:

    地元を離れた旧友から、地元に戻って来たんで飯食いに行こうって誘われただけでしょ?
    軽視されたとか、侮辱されたとか。。。
    どんだけプライド高いんだろうか。
    生けていくの下手そうだな。

  10. 阿場 より:

    結婚ってパチンコより恐ろしいギャンブル((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  11. 匿名 より:

    結婚こそが人生最大のギャンブルといえる

  12. 拷問倶楽部 より:

    こうなってくると、できない夫のその後も気になるな。