俺は如何にしてバックラーとなりし乎 その1

バックレる前の日のこと(特定怖いので、結構ボカして書くよ)

とにかくヤバイほど忙しかった!

いつもより人も少なく、かなり混乱していた。とにかく出庫してスペースを減らす。減らしたスペースに製品が積まれる…。

フォークリフトが走り回り、俺達は次から次へと出庫した。

もう他人のフォローなんてしてる暇はない。自分のことで精一杯。いや、自分のことすら十分にできない状態だった。

ハッキリ言ってこの状態でミスしないほうがおかしい。ロクに確認せずにバンバン出庫した。ミスがミスを誘う、悪循環に落った。

A製品は全部出庫したはずなのに、何故か俺の後ろにA製品と書かれたダンボールがある。

ダンボールに書かれている『B部品』の文字が二重線で消され、横に『C部品』と書かれていたが、それも二重線で消されている。では、B部品でもC部品でも無いこの部品は何なのだ?二重線で取り消すのはいいが、正解を書いておいてくれ。

『そこにあるの、早く出庫しろ!それ出庫したらトラック出していいから!』

と、俺に乱暴な指示を出して走り去っていく社員…。

『そこにあるの』とは一体どれだろうか?一番人気のD部品か?それとも少ないながらも一定の注文があるE部品か?いや、大穴狙いでF部品か?

工場や倉庫でバイト経験があるから、出庫間違いがどれだけヤバイか知っているはずだった。でも、この状況だと感覚が麻痺して『どうでもいいや』ってなっていたんだと思う。

そして定時になった頃、色んなミス(俺達だけじゃなくて、製造ラインでもミスがあったようだった)が発覚して工場内はちょっと騒然とした。

運送屋からのクレーム(正確には運送屋じゃないけど)から、次々とミスが発覚した。ただ、『出庫の段階で最終的にダンボールを開けて中身までチェックしてるから、ミスは最小限のはず』という認識を俺達を除く全員が持っていたようだった。

『ダンボールを開けて中身をチェックしている』なら、その認識の通りだろう…。

状況を収集するため、出庫は一旦ストップになり俺達は帰宅を命じられた…。

つづく



 ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まさや3 より:

    成る程、続きを楽しみにしときます。
    凄い職場、工場だね。

  2. 匿名 より:

    こりゃしょうがないね……。
    末端の人間が言われてない作業で怒られそうとか、日雇いだったらバックレるわ。

  3. toto より:

    あぁ、説明されてない作業はそらやってませんわ。  

  4. 匿名 より:

    ええんちゃうの?

    責任はえらい方が取れば良いよ

  5. 匿名 より:

    職場運に恵まれてるなぁ。悪い意味で

  6. 匿名 より:

    ネタに事欠かないという意味では恵まれてるね。
    ミスやトラブルがあった時にケツ拭くのが社員の役目だしほっとけ。

  7. みっきー より:

    なるほどね、わかった。
    作業指示者が悪いと思うわ。
    言われてないことは、しなくていいからね、正社員じゃあるまいし。

  8. roy より:

    続きが気になりすぎる

  9. クリオネ より:

    すごく楽しそうだな

  10. 匿名 より:

    はよ続き