懐かしい映画を見た

実家に帰って暇だったので、家にあったDVDをみた。
兄上が古い映画のDVDを結構もっているので、実家に帰ったとこはチョコチョコ見ている。

『波の数だけ抱きしめて』を見たよ。
昔のリア充はこんな感じだったのか…いつの時代もリア充は楽しそうだった。



この映画が公開されたのが91年なので、俺は10歳だったからリアルタイムでは覚えていない。
名前くらいは知ってたけどね。
『私をスキーに連れてって』、『彼女が水着にきがえたら』に続く3作目で若い頃の織田裕二が格好いい!

俺の青春と呼べる時代はパチスロだった。
ほぼ毎日煙と爆音のパチ屋にいた。
その後に繋がるものは何一つ得られなかったよ。

次に実家に帰るのは盆休みかな。
その時は何を見ようか…。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    実家が漫喫かいなw
    くつろいでますな

  2. リアル発達障害 より:

    高校生・大学(といってもFラン大)は若干不登校気味の学生、
    20代前半~中盤は単発派遣にちょいちょい行くレベルで、ほぼ引きこもり。
    青春と呼べる時期の記憶がほぼ無い私に比べれば
    めちゃくちゃ上級者だと思うよ。

  3. 匿名 より:

    20台は引きこもってMMO・FPS・オフゲひたすらやってただけだったわ
    そのせいか性格かわからんが、青春系の映画やアニメ全く見れないw

  4. 匿名 より:

    あれ…学校ちゃんと行ってたのに何してたか記憶にないな…

  5. 匿名 より:

    ヒューマンドラマ系は何を楽しめば良いのか解らない…
    そんな私は重度のコミュ障

  6. まさや3 より:

    バブル期に製作された、ホイチョイ3部作、楽しんでください。