兄にクソゲーを買わされる弟

子供の頃、お年玉の使い道はゲームソフトを1本買って残りは貯金だった。
年末になるとお年玉で買うゲームソフトを決めるために、ファミコン通信を何度も読み直した記憶がある。

小学校2年か3年生のお正月明けに兄から『ドラゴンボール3悟空伝』を買うように半ば強制されたことを今でも覚えている。

兄上は欲しいゲームソフトが2つあったため、俺にドラゴンボール3を買わせるという作戦だった。



子供の頃から兄上に強く言われると反対できない性格だったので、俺は自分が欲しかったソフトを諦めてドラゴンボール3を買った。

このゲームは難易度が高く、当時の兄上ではクリアできなかった。
ただ、俺に買わせた手前、最初の頃はひたすら『楽しいなぁ!買ってよかったなぁ!』と、わざとらしく言っていた。

でも段々と誤魔化しきれなくなり、とうとう放り投げた。

『攻略本が出てからやる!』と言ったものの、攻略本を買うことはなくそのままお蔵入りになった。そして数年後、おそらくドキドキ冒険島というゲームショップに売った。

今になって言えることは、ドラゴンボール3は決してクソゲーではない。
ただゲームバランスが悪く、難易度が当時の子供には高かった。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    今のゆとりゲーマーは知らないだろうが
    昔のゲームは難しかった。
    名作と言われるドラクエ2ですら理不尽過ぎる難易度だった。
    バックアップなど気の利いたものはなくパスワードの入力のみで
    間違えたら一からやり直しだった。
    難しいゲームが糞ゲーなら当時の大多数が糞ゲーだと言える。
    そうやって子供は世の中の理不尽さを学んだのだと思う。

    • 匿名 より:

      おっさんがゲームですら昔は~って語るようになるなんてこれも時代やな

    • 匿名 より:

      ドラクエIIが理不尽過ぎる難易度なんて言ってるのはわかってない奴だから信じちゃダメ
      確かに厄介な敵やダンジョンはあったけど、あんなアクション性のない丁寧に進めてれば子供でもクリアできるゲームに対して理不尽なんて言葉は普通使わない
      本当に理不尽なゲームはクリアできないし、クリアするまでやる気にならない

      • 匿名 より:

        ドラクエ2は「復活の呪文」の失敗をおそれて
        電源切らずにやったことがある。
        ドラクエ3はセーブ機能があったけど
        少しの衝撃で消えるんだよね。
        友達の家でやろうと思って、自転車のカゴに入れたら消えやがった。

      • 匿名 より:

        ザラキは理不尽な気がする。

  2. 匿名 より:

    ドラゴンボールのゲームは声優が改声優に変わってから買ってないな・・・

  3. 匿名 より:

    ファミコンの三国志って発売当時14800円だったような気がする・・・
    あれから30年経つのか、早いもんだな