ニート時代1 スロプロ引退

前も少し書いたけど、スロプロを引退した後のことを時系列で書きます。

パチスロを完全に辞めたのは2007年の年末だと思う。
2008年からは7割無職で3割バイトくらいの生活だった。。

スロプロを引退した俺は、虎の子の貯金300万円を抱えて悩んでいた。
前にも書いたけど、ここで俺は最大のミスを犯す。
300万円で社会人のための専門学校にでも行って技術を身につければ良かった。
ただ将来のことを考えるのが極端に下手な俺は『何とかなるだろう』と思っていた。

考えに考えた末、まず1年分の生活費を実家に入れる決断をした。
何よりも向こう1年間実家に住む権利を手に入れようと思ったからだ。



これは『1年あれば何かいい考えが浮かぶだろう』という先延ばしに過ぎない。
具体的に何か策があるわけでもなければ、目標もない。

タイムオーバーを1年後に設定しただけ。
今考えれば下策の下策だ。

すぐにATMから金を下ろして母上に1年分の生活費を渡した。

母上は言葉にこそ出さなかったが、俺がパチスロで稼いでいたことをよく思っていなかった。(まぁ、当然だよね)
ギャンブル=悪という考えがあるので、俺がどんなに稼いでも『悪いことをお金を稼いでいる』という認識だったんだろう。

パチスロを辞めると言った時、『もうギャンブルで稼ごうと思わないで』と言っていたのが印象に残っている。
何年も親に心配を掛けてしまったことを今更ながら痛感し、本当に申し訳ないと思った。

ここから俺の自堕落な生活が始まる。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    生活費を渡したのはとても立派ですよ。
    専門学校へ行ったところで無駄金だったかもしれない。
    キル夫さんも後悔してるんじゃなかろうか。
    ちょうどその後リーマンショックが襲ったはず。

  2. 匿名 より:

    遊びに使わなかっただけえらいお

  3. 匿名 より:

    このシリーズ面白そうだ!!

  4. 匿名 より:

    俺も2007年にパチンコを辞めた。
    あれから10年経ち貯蓄は1000万を超えた。
    本当にあの時辞めれて良かったと思う。

  5. 名無し より:

    生活費もロクに入れないニートが掃いて捨てるほどいるのにちゃんと渡したのは立派やで
    ただ、追い詰められないと人は中々動かないものだからね・・・
    やる夫さんに限らず

  6. 匿名 より:

    300万も稼いてるんだから
    ギャンブルではなく立派な投資
    闇雲にお金を使うのがギャンブル

  7. 匿名 より:

    偉いですね
    自分も30代ニートですが家にお金を入れた事は一度もありません

  8. ペルー より:

    若い時にパチスロで300も貯めたんはすごいよなあ
    そっから手堅く投資していれば…ってのはたらればか

  9. 匿名 より:

    後悔したと思うなら、別に今からだって勉強すればいいのでは?

    社会人のための学校行ったって、目的が明確でなければ金の無駄になるだけですよ

    • 名前なし より:

      これは本当にそう思う
      それに今はタダで勉強する方法がたくさんあるから、何か学びたかったことがあるなら調べてみるといいですよ

  10. 匿名 より:

    バイトの分際で親に生活費払ってたとか立派すぎるだろ
    俺も40代で職歴なし(バイトや派遣も含めて)で実家暮らしだけど、家に金を入れた経験はないな・・・そもそも自分の家に住むのに金払うって発想がなかったわ
    それどころか食費や携帯代とは別にお小遣い月3万もらってるけど世間的にはどっちが普通なのかな?

    • 匿名 より:

      釣りかもしれませんが、貴方の生活は普通じゃないと思います。

      自立支援センターなどに相談してみてわ?

    • 匿名 より:

      ばっくれさんみたいな方けっこういるのにゃ

  11. 匿名 より:

    元スロプーとか、バックれだとか、職歴がブラックだとか、いろいろとスペックは酷いけれど
    このブログを毎日律儀に更新出来ていたり、文章も凄くわかりやすいし面白いのがすげーよ