トップ営業マンの遺産

いつもは早めに帰る先輩が今日は珍しく残業していた。
夜8時くらいに所長が帰った後、先輩が話し掛けてきた。

営業マン用のロッカーがいくつかあるんだけど、エース営業マンだったギャル夫さんは1人で1つのロッカーを使っていた。(普通は3人で1つのロッカーを使っている)
事務机も営業マンは共用だけど、ギャル夫さんは専用の事務机がある。

ロッカーの中は予備のスーツとかビジネスバッグとかがあった。
とりあえず丁寧に畳んでダンボールに入れた。

机の中を見たら、意外なものが入っていた。

営業のノウハウ本が10冊くらい出てきた。
先輩が言うように努力の人だったんだな…。
しかもそんな素振りは全く見せなかった…。

改めてエースを失ったことは大きな損失だと思った。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みっきー より:

    その人にしかできない仕事とか、あれば、かなりの打撃になる。ほんと所長が無能だと、痛い目見るよ。

  2. 匿名 より:

    所長が無能すぎる…

  3. やすひろ より:

    今までは先輩が所長を裏で操ってるのかと思ったが、悪の権化は所長なのだと思いました。

  4. 匿名 より:

    ギャル夫も荷物送ってくれなんて電話してくるあたり
    先輩のことはそれなりに信用してるってことか
    スカウトされてるみたいな話も先輩にはしてたみたいだし

  5. 匿名 より:

    能ある鷹は爪隠すってか
    出来る人ほどひけらかさず謙虚なんよね

  6. 匿名 より:

    先輩があんまりイヤミなヤツに見えないな
    一部仲悪い営業以外からは結構人望あったんだね