鬼才現る

今日も朝から所長が吠えた…。
俺のことを言われてるわけじゃないんだけど、大声を聞くとビクってするんだよね。
マジで苦手だよ、この所長…。

今日から20代半ばくらいの若い人が営業マンとして仕事をするみたいだ。
いつ採用したんだろうか…?
スラッとした男前な感じだった。
所長の大声に明らかにビビってるって分かったよ。

そして、昼休み…新人のアカギさんがふらっと事務所に帰ってきて、なにやらゴソゴソやっていた。まぁ、昼休みに帰ってくる営業マンもいるので、特に気にしなかった。

そして、午後2時頃…所長が大声で怒鳴りだす!

え?

辞める??

営業マンが共用で使ってる机があるんだけど、その上には昼休みにアカギさんが置いていったと思われる、営業のマニュアルとか、営業に使う地図などが置いてあった。

そうか、コレを置きに帰ってきたのか…。

でも、辞めるって、マジかよ…。

なんという決断力と行動力だろうか!

これは、、、まさか、、、、!!

古代ローマ時代、チーバック家は優秀な軍人を幾人も輩出したが、その中で鬼才と謳われているのがレイ将軍である。
レイ将軍の功績の中でも特に有名なのが、ローマ帝国の要所である『ハンニの山脈』をゴート軍から守りきった『ハンニの戦い』だろう。
レイ将軍はわずか500の手勢でハンニの山脈に着陣し、1万の軍勢をもって侵攻したゴート軍とたった4時間戦っただけで敗走してしまう。
要所である『ハンニの山脈』を簡単に放棄するはずがないと考えたゴート軍の指揮官は、ローマ軍の敗走を策略と読んだ。(現代で言うところの、『空城の計』である)
迂闊にハンニの山脈に進軍すれば手痛い打撃を受けると考え、
ゴート軍はそのまま退却してしまったのである。
こうしてレイ将軍はただ逃げることでゴート軍の深読みを誘い、
500の兵で要所を守りきったのである。

現代でも半日でバックレることを、『半日バックレ』と言うが、
これは『ハンニ』の山脈を逃げるだけで守った『チーバック』家の『レイ』将軍に由来することは言うまでもないだろう。

民明書房『バックレは恥だが役に立つ 古代ローマ編』より


ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    こいつ絶対ダメギだろ・・・

  2. 匿名 より:

    毎日毎日見込み案件って何を販売してるんだ?

    害虫苦情の営業でワザと白アリとかを民家とかに大量に放って、いいタイミングであたかも苦情の営業やってますみたいなのみたことあるが

  3. リアル発達障害 より:

    辞めるって電話入れてるから、私から見ればバックレの部類に入らんw

  4. 赤ソニア より:

    やる夫さん、ちゃんと税金払っていますか?
    正社員じゃないからってきちんと払わないと
    国税局の人が来ちゃいますよw

  5. 匿名 より:

    チュートリアルとしてあの朝礼面接で流せば、お互い無駄足踏まずに済むのでは