営業の辛さを見た

金曜日、ダディさんから午前中と午後に1件ずつ見積もりの依頼が来た。
見積もりを出す案件を「見込み案件」と言って、営業マンはまず「見込み案件」を作ることが最初の仕事になる。
夕方になり、ダディさんが帰ってきて所長に報告した。

こういうことは多いらしい。
見積もりだけ出させてください!って強引にお願いすると、相手はその場だけ『じゃ、見積もりだけ…』って言ってくれるけど、営業マンが帰った後に会社に断りの連絡を入れてくる。
営業マンは、見込み案件が取れたと思って返ってくると、所長からキャンセルされた事実を伝えられて、説教を食らう。

ダディさんは一目で見て分かるくらい、落ち込んでいたよ。
みんなダディさんをバカにしてる感じがあるけど、俺はダディさんを応援する。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. もら より:

    まあ50すぎて駄目ならもう一生駄目だよ
    挽回できる年齢はとうに過ぎてる

  2. ICSWD より:

    こういう人が製造とか開発とか行ったら
    意外な活躍してくれたりもするんですが…

  3. a より:

    それでもなぜ営業を続けようと思うのか
    ダディさんから目が離せないな

  4. 匿名 より:

    「全然足りてねぇじゃん!」
    「申し訳ございません!」
    「全然足りてねぇじゃん!」
    「申し訳ございません!」
    「全然足りてねぇじゃん!」
    「申し訳ございません!」

    以下ループ

  5. 匿名 より:

    その粘着質な嫌味所長もただダメでなく何がか、どうすれば獲れるようになるかハウツー教えてやりゃいいのになあ。じゃなきゃ何故適当な理由つくって解雇しないのだ?
    ダディと同じ営業職なら応援どころか即効蹴落とすでしょうに、勇気づけられてるんだね。

    • より:

      そんな簡単には解雇できねーての。
      もっと簡単に解雇できるようにすりゃいいのにな。

  6. 匿名 より:

    安全な営業事務の場所から、そうやってダディさんをネタにしてる君も
    馬鹿にしてるヤツらと一緒だよ。

    なにが応援しているだ。

  7. 匿名 より:

    みなさん、顔の見えない相手に熱くなるなよ 
    ネットのコワいところだよ 自分自身に目を向けないと
    これはフィクションだよ フィクション 軽~い気持ちで見ようね  

  8. より:

    やる夫もたぶんそのうち営業回されるぞ

  9. 匿名 より:

    35で職歴なし専門的な難しい資格なし転々と職変えてるって正規雇用そうとう厳しくね?

  10. 匿名 より:

    >んんんん わをん
    お前は誰からも見下されるカスだろw
    ひきこもりが偉そうに説教してんじゃねえよw

  11. 阿場 より:

    帰してくれるだけいいと思いますよ。家にいて叱責の電話入れては来ないでしょうが。それこそ4番目のコメント、どこぞの消費者金融のやりとりじゃないですかw