建築士ちゃんとカラオケに行ってきた その3

カラオケルームに入ると、最初の10分くらいはビールを飲みながら雑談していた。
そしてカラオケが始まったんだけど、営業部長と課長は『若い人が歌ってよ』と自分たちは歌おうとしなかった。
どうせ建築士ちゃんが歌うだろうと思って、俺はビールを飲みまくっていた。

建築士ちゃんも最初は遠慮していたのか、自分から歌おうとしなかってけど、営業部長に勧められて3曲くらい一気に入れた。

俺は建築士ちゃんがどんな曲を歌うのかと興味があった。
そして歌った曲は…。



何と上司たちの年齢に合わせた曲を選択した。
しかも、プロのように上手い…。
透き通る歌声で、高音でもブレない…。

上司たちはビールを飲む手が止まり、ひたすら聞き入っていた…。

建築士ちゃんの歌が終わり、課長は『やる夫くんも何か歌ってよ』と言ってきた。
この雰囲気では断るわけにもいかない…。
俺は建築士ちゃんを見習って選曲した。

これぞ、やらない夫さん直伝のビブラード!!
上司たちは俺が意外な歌を選んだのでウケていた。

その後は、酒を飲んだり歌ったり…4時間もカラオケをしていたよ…。
さすがに飲みすぎてフラフラになってカラオケ屋を出た。

営業部長と課長はこの後もう1軒(たぶんキャバクラ)に行くみたいだった。
他の4人は帰ることになった。

この帰り際にもちょっとしたことがあったよ。
それは次回(予定では今日の夜)書きます。

次で最後の予定です。

さて、今からキル夫と飯食いにいってきます。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. だお影 より:

    確信したわ。
    やる夫さん陽キャだわ。

  2. 匿名 より:

    コミュ症とか言ってたのも今や昔。
    きる夫にやらない夫さん、仲間にも恵まれた。

  3. 匿名 より:

    創作もここまであからさまだとすがすがしいなw

    • 匿名 より:

      創作っていうかな…
      お前に言わなければならないことがあるんだ。
      俺も今日まで言うべきかどうか悩んだ。
      言わなければお前も俺も普通の生活を続けていくことができる。今までどおりにな。
      だが、やっぱりそれじゃだめなんだ。偽りのなかで生きていてはだめなんだ。
      それに、もう時間がないんだ。
      今、俺はお前に真実を告げる。

      このブログを

      見ているのは

      底辺やる夫と

      俺と

      お前だけだ。

      驚いたか?当然だよな。だがそれが真実だ。
      辛かったぜ。お前がブログを見つけるずっと前から、俺は何十台ものPCに囲まれ毎日このブログを保ってきた。
      だから、あの書き込みも、あのコテハンも、すべて俺だったんだ。
      お前が初めてブログを見たとき、俺は人生であれほど嬉しかったことはなかったぜ。
      時には心苦しいながらもお前を叩いたりもした。許してくれ。
      と、今話せるのはここまでだ。もうすぐすべてを知るときが来る。
      そのときまでに、心の準備をしておいてくれ。

  4. 匿名 より:

    資格の勉強しないの?

  5. とん より:

    やる夫さーん!
    キル夫さんと飲んでるんですかー?
    今日は飲みすぎないで下さいね。

  6. 匿名 より:

    上司の年代に合わせた選曲なんて珍しくもなく普通にするだろ
    どんな環境で生きてきたんだ

    • 匿名 より:

      いや、それはおまえがおっさんだから。
      そもそもカラオケなんて衰退してるから若い層は明らかにカラオケ行くヤツ減ってるよ。

  7. 匿名 より:

    元々才能はあるんだわな、そーゆーのが苦手ってだけで。