キル夫の就職活動な難航しているようです

昼過ぎにキル夫と電話した。
こっちで就職活動してるのは知ってたけど、連絡が無いということは上手く行ってないんだろうなぁって思っていた。

電話きたので、『お!内定取ったか?』と思ったけど、違かった。
転職サイトに登録してスカウトもらって会社見学したけど、どうもブラックぽい会社だったので断ったようだ。



キル夫はフリーターの時期が数年合ったとは言え、職歴は俺よりも全然マトモだ。
そのキル夫ですら正社員採用は難しいのか…。
当初の予定では、まず1月中に内定をゲットして2月いっぱいで今の仕事を辞めて3月から東京で働き出すはずだった。

ところが、就職活動が長引くと可能性が高くなったため、今の仕事は3月一杯までやると言っていた。

なんとなく暗い話になったんで、キル夫の好きなアニメの話しをした。
次の2018年4月のアニメはどうなんだ?と。

30分くらいアニメの話しをしたけど、よく覚えてないw
何か、ソードアートがどうのこうのと言っていた気がする。

アニメは全然詳しくないけど、ゴールデンカムイは原作漫画が大好きで、毎週ヤングジャンプの発売を楽しみにしている。

底辺ズのエースとしてキル夫には頑張って欲しい。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. より:

    お前が頑張れやこんなクソ派遣辞めて正社員探せ

  2. 匿名 より:


    正直その通りだわ
    正社員になる気ねえもんなw
    一年以上何にも進歩してねえのは流石にだめだわ

  3. 匿名 より:

    アニメイトでバイトする
    →好きな分野なので上手く接客できる
    →売り上げアップして認められる
    →半年後に正社員として雇用される

    いけるやん

    • 名前なし より:

      工場とか転々としても40過ぎたら厳しいだろうし、コレは案外いいかもね
      好きなことなら努力できるだろうし

  4. 匿名 より:

    東京は人が多いからなのかな?
    地方の工場は、ホントに人手不足で、
    今なら正社員になれる確率高いよ。

    東京寄りの、埼玉か神奈川の中小工場の
    正規雇用を当たってみてはどうだろう?

  5. 正論なんてこのブログには不似合い より:

    このブログ見てて
    何にも考えず、ただ受かりそうな所だけ探して働くの繰り返し
    嫌になったら辞める 人がどうこう言うから辞める
    俺はダメ人間だから・・・ それの繰り返し
    ブログのネタ作りの為に中途半端に働くのはそろそろ辞めた方が良い
    正社員になりたいんだろ?
    って思うときがある

  6. 名無し より:

    まあ派遣でも今はそれなりに生きていけるからね
    使い潰す気満々のブラック正社員よりマシなのは確か
    東京オリンピックが終わったらどうなるか分からんが

  7. 匿名 より:

    終身雇用は崩壊してるのに正社員に拘る必要はないよ
    それに性格的にもやる夫は勤め人よりも自営のが向いてると思う

  8. 匿名 より:

    正社員でも安月給ならあまり意味は無い。

  9. 田中 より:

    このブログの内容は全てがリアルじゃ無いだろうから
    何とも言えないけど
    もう少し成長しても良い気もする
    まぁ、この位の感じが今は受けるんだろう

  10. より:

    あと、先週紹介してた江田島TV、めちゃくちゃどはまりしたわ
    俺はよぉ、何だかんだ言っても、やる夫には幸せになって欲しいんだよ

  11. 名前なし より:

    学生編を見るとすごく自分を客観視出来てるなと思うけど、過剰に適応しているようにも思う
    社会人になればスクールカーストなんて関係ないよ? 営業事務編のような過酷な職場でも上手くやってこれたんだし、別にコミュ症でもないと思うし
    派遣でいい、工場でいいと言ってないで、いろいろエントリーしてみれば道が開けそうに思うよ

  12. 匿名 より:

    あれ?当時のエースはできない夫?とかじゃなかったっけ。

  13. ホワイトラビット より:

    一転して批判的なコメントが増えたな

  14. 匿名 より:

    やる夫はキル夫に友として言うべきだと思う。
    もう養育費を払う必要は無いと言うことを。キル夫は性悪の元妻に計画離婚され養育費の所為で厳しい仕事をせざる得ない。
    まだ若く未来ある青年を苦しませてはならない。

    • 名無し より:

      キル夫は確かに不憫ではある
      ただ、養育費の支払いがなくなると、キル夫と子供の接点が切れてしまう
      父親としての責任も感じている(感じたい)だろうし、難しいね